" セロトニンを増やす呼吸法とは 健康で快適な毎日を

ホームスポンサー広告 ≫ セロトニンを増やす呼吸法とはホームストレス ≫ セロトニンを増やす呼吸法とは

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ


セロトニンを増やす呼吸法とは

 呼吸は誰もが行っており、生きていくのにかかせないものです。数日間食べなくても生きていけますが、数分間呼吸をしなければ命にかかわります。
 心臓の鼓動や消化、血圧などは自分の意志ではコントロールできませんが、呼吸は自分の意志でコントロールできます。

 この呼吸に注意することで、、セロトニンを増やすことができるのです。その方法を紹介します。
↓応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ

スポンサーリンク

セロトニンが呼吸で増えるわけ


 普段は無意識に行っていますが、意識して呼吸を深くすることで、腹筋が一定のリズムを刻んで動きます。このことによりセロトニン神経が活性化するのです。坐禅やヨガの際にする呼吸です。

 また、多くの酸素が体にいきわたるので、頭の働きが良くなったり、疲れにくくなるなどの効果もあります。

腹式呼吸について


 腹式呼吸は、厳密にいえば2種類あります。
• 横隔膜呼吸
 肺の周りの横隔膜を伸び縮みませて空気を肺に送ります。このときに内臓が圧迫されるのでおなかが動きます。しかし、これは、腹筋を使っていません。よってセロトニン神経を活性化するための呼吸法にならないのです。

腹筋呼吸
 お腹の筋肉をへこまして、息を吐ききってから、どの反動で息が自然に入ってくるのに任せて、おなかを膨らませませます。これを繰り返すことの腹筋を一定にリズムで動かすことにつながります。よってセロトニン神経が活性化します。

 

セロトニンを増やす呼吸とは


まず、おなかをへこませながら、息を吐ききります。それから、その反動で自然に息が入ってくるようにします。これを腹筋を動かすことを意識しながら行いましょう。腹筋を一定の速さで動かすことがセロトニン神経お活性化につながります。

 息を吐く時間を長くし、息を吸うことを繰り返すのです。吐くのに8~10秒、吸うのに5~7秒をかけます。無理のない範囲で行うようにしましょう。慣れると吐くのに12秒、吸うのに8秒の1回につき20秒、つまり1分間で3回の呼吸ができるようになります。

丹田呼吸法


座禅の流れを組み、気楽に日常的にできるようになったのが丹田呼吸法です。
 丹田は、へそから7cmほど下にあります。ここに意識を集中させると気分はよくなり、気力もわいてきて、どっしりと落ち着いて精神が揺らぎにくくなります。

 丹田呼吸法はkouonn引き締め行うとさらに効果的です。腰腸筋という、腰椎と大腿部をつなぐ隊幹部にある筋肉が伸びたり知人だりします。また、横隔膜も腰腸筋と連動しているので動きます。

 

丹田呼吸法の基本形


1.膝を床につけて自然に座り、腰を立てます。右手の薬指と小指をおへその2㎝ほど上にある屈曲船(くびれ)に当てます、手のひらは上腹部に密着させます。
左の手のひらは、おへその7㎝下の丹田に当てます。体制が整ったら、息を3秒吸い込んでください。

2、胸を緩めるようにして「、右手の小指が当たっている屈曲船を降りくぼませるようにし、状態を少し前傾させながら5秒くらい息を吐きます。

3、息を吐ききったら、上体を起こし、1の体制に戻ります。6回、繰り返したら左右の手を変えて6回。左右6回ずつでワンセットです。
社団法人・調和道丹田呼吸健康法メソッド参照

簡単な丹田呼吸法
1、上体をリラックスさせて、自然に座ります。腰は立てておきましょう。

2、息をゆっくり吐きながら、上体を前に傾けていきます。

3.さらに息を吐きながら状態を前に傾けます。最終的に床と平行になるまで倒しても構いません。肺の中にある不要な炭酸ガスをすべて捨てるつもりで息を吐ききります。最初は12秒くらいから、最終的には、30秒くらいかけて息を吐くことが目標です。
吐ききったらゆっくりと息を吸って上体を戻します。

別冊宝島『心のストレスが消える処方箋 幸せ脳内物質セロトニンを増やすための実践10か条』



膝を付けての姿勢をするのが難しい方は、椅子に座って行うこと息きます。

 屈折線、丹田を生き視しながらゆっくりと呼吸をするのがポイントです。

丹田呼吸のメリット


丹田を意識し、ゆっくり呼吸することに様々なメリットがあります。
• 精神的に安定する(不安、怒り、禁漁、焦り、落ち込み、憂鬱などの気分がセロトニンの分泌によって和らぎ、状況によって気分が左右されにくくなります。)

• 依存症の改善

• 頭の働きが良くなる

• 寝つき、寝起きがが良くなる

• 疲れにくくなる

• 胃や腸の調子が良くなる

• 自律神経のバランスが良くなる

• ダイエット(脂肪を燃焼する効率が良くなります。)

まとめ


 常に行っている呼吸。この呼吸が精神的にも身体的にも与える影響はとても大きいのです。ストレスを感じることが良くある現代人。気をつけないと息が浅くなったり、知らないうちに止めていたりすることも多いです。ゆったりした呼吸を心掛け、セロトニンをどんどん分泌させましょう。

 そうすれば快適な毎日を過ごすkとができます。


コメント













管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。