" セロトニンをサイクリングで増やす 健康で快適な毎日を

ホームスポンサー広告 ≫ セロトニンをサイクリングで増やすホームメンタル ≫ セロトニンをサイクリングで増やす

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ


セロトニンをサイクリングで増やす

 サイクリングセロトニンを多く分泌させることのできるリズム運動です。最近、人気の上がっていますし、結構長距離を乗る人も多いですね。気分はよくなり、太ももの筋肉も鍛えられるし一石二鳥です。

 そんなに長距離のサイクリングは無理という人も自転車をこぐことでセロトニンを分泌させることはできます。

 サイクリングをして、効果的にセロトニンを増やす方法、コツを紹介します。
↓応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ

スポンサーリンク

サイクリングセロトニンが増える理由

 
 サイクリングの時に自転車をこぐ足の運動動作をペダリングと言います。このペダリングはペダルに乗せた足を回転させます。この動きがリズムを刻むことになり、セロトニンが分泌させます。

 意識せずに筋肉を動かし、一定のリズムを刻むということが大切なのです。

 自転車をこいでいるときは、無意識のうちに倒れないようにバランスをとっています。このときに働くのが抗重力筋という筋肉です。これは、身体や顔にあり、文字通り重力に負けないように体の器官を支えています。セロトニンには、抗重力筋がうまく働くようにする役割もあります。このため、抗重力筋を動かすことは、セロトニンを活性化させることにもつながります。

 セロトニンが活性化することで、姿勢が良くなったり、顔のたるみが改善します。

セロトニンサイクリングで増やすコツ


 電動自転車やママチャリのようなこぐのにあまり負荷がかからない自転車、流して乗るようなサイクリングですと効果が薄れてしまいます。
 ある程度は負荷をかけることが必要です。ギア付きの自転車、エアロバイクで行うのがいいでしょう。エアロバイクはスポーツジムに設置してあるので利用してみましょう。

 最初は軽めの負荷からです。1分間60~70回転ほどが疲れすぎないので効果的です。ギアを設定したら、ペダルに乗せた足が下がらないようにしてくるくる回していきます。慣れてくるにしたがって負荷を上げていきましょう。

 ペダリングをしているときは、回転する脚に意識を集中させ、そのリズムに合わせて腹式呼吸をします。このように足の回転と呼吸を意識することで、セロトニン神経を活性化する効果が高まります。

 意識を足や呼吸に集中するので、慣れないうちは、屋外よりも、ジムでエアロバイクをこぐほうが安全です。

 でも、特に天気が良い時は、屋外で日光に当たりながらサイクリングをするほうが気持ち良いですね。景色も移り変わり、いろいろな道を走ることができます。これは、脳にとっても刺激になり、気持ちも上向きになります。外をサイクリングするのもいいですね。

 サイクリングできるコースが限られていて、身近なコースで乗ることに飽きてくることもあるでしょう。その場合は、長い距離をサイクリングするのもいいですが、それが難しいという方も多いでしょう。

 その場合は、公共交通機関で移動して、レンタサイクルを利用することもできます。また、自転車をのせて移動できる電車もあります。これらを活用して、少し遠出をして、いつもとは違ったコースを走るのも楽しいものです。
 
 基本的には、ある程度の負荷をかけることがポイントになりますが、いつも負荷をかけることばかりでは苦しくなったり、続かないでしょう。ですから、時には楽しむためのサイクリングにしてみるのもいいですね。

 サイクリングやペダリングを行う時間は、30分ほどがいいでしょう。

サイクリング、ペダリングを行うメリット


 セロトニンの分泌を増やすことはもちろんですが、それだけではない効果もあります。

 ギアを重たくすれば、無酸素運動になって、足の筋肉をつけやすくなります。ギアを軽くすれば、有酸素運動になって、脂肪を燃焼させたり、心臓や肺の機能を高めることにつながります。

まとめ


 サイクリングは老若男女問わずできます。セロトニンを増やすほかにも、足の筋肉の強化、心肺機能を高めるためにも効果的です。きれいな景色をみたり、新しいお店などを発見できたり、脳にとってもよい刺激になり、気持ちも上向きになります。

 このように多くの効果があるので、無理のない程度の負荷をかけながら、サイクリングを行ってみてはいかがでしょうか。


コメント













管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。