" しょうがの健康効果、酢ょうがの作り方とは 健康で快適な毎日を

ホームスポンサー広告 ≫ しょうがの健康効果、酢ょうがの作り方とはホーム未分類 ≫ しょうがの健康効果、酢ょうがの作り方とは

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ


しょうがの健康効果、酢ょうがの作り方とは

 しょうがは体を温める効果があるので、寒くなってきたこの時期か摂る方も増えているでしょう。しかし、その摂り方によっては、逆効果になってしまうのです。

 しょうがの体を温める効果を得るための食べ方とは、また、そのほかにもある健康に良い効果、たくさん食べても大丈夫なのかについてです。
↓応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ

スポンサーリンク
 

ショウガの健康効果


むくみやだるさの解消


 ショウガの皮の部分には、利尿効果があって、余分な水分を排泄します。できるだけ皮を食べる方がいいでしょう。

吐き気を緩和する


 食べすぎ、消化不良、乗り物酔いなどで吐き気が起こったら生でしょうがを摂るといいです。ジンゲロールに吐き気を緩和する効果があるのです。

胃腸の調子を整え、働きを良くする


 タンパク質を分解するジンジベインが含まれています。胃腸の働きを活発にします。
ただし、摂り過ぎは逆効果になるので注意してください。

脂肪や血糖値の吸収を抑える



血中コレステロールを下げる


 ジンゲロールが胆汁を出やすくします。

老廃物の排出をしやすくする


 汗を出す効果、便の排出をしやすくするので、老廃物を出します。

ダイエット


 血液の循環がよくなり、脂肪の燃焼を促進します。

殺菌作用


 ジンゲロン、ショウガオールには強力な殺菌作用があります。魚に寄生するアニサキスも駆除します。お寿司にがりが添えられているのはそのためです。
また、風邪や気管支炎などを起こす細菌についても駆除することができます。

うつの改善


 鬱の原因の一つに低体温もあります。ショウガを摂って体を温めることも大切です。また、漢方では、気の病に効果のある「半夏厚朴蕩」にも使われています。

体を温める


 これは有名な健康効果ですが、注意が必要です。
 生のショウガを摂ると体がポカポカしてくるので、体温も上がったような感じになります。しかし、これは、ショウガを摂る前はなかなか手や足の先など末端に巡りにくかった血液が、手、足の先までいきわたるようになります。この時に、体の深部の熱を送り出しているので、深部の体温は少し下がるのです。この結果が冷えにつながるのです。

では、どのようにとれば体を温める効果を得られるのでしょうか。それは、加熱することです。100度以下の温度で熱を加えると、ジンゲロールという成分になります。これが、血行を良くするので、深部も温めることができます。

ですから、エネルギーの燃焼を効率良くしたり、冷え性を良くしたい場合には、温めたしょうがを食べるのがよいのです。

蒸しショウガの作り方

 
主にこの3つの種類があります。

    薄くスライスしたショウガを網などの上で、2~3日天日ぼしにする

    オーブンの天板にクッキングシートを敷いて、スライスしたショウガを載せて、80度で1時間ほど加熱します。80度が設定できない場合は、100度でも大丈夫です

    皮を付けたままのショウガを1~2ミリの薄さにスライスする。傘ならならないように蒸し器に並べて、80度で30分ほど蒸す。1~2時間天日に干してすりつぶす

 蒸したしょうがは細かくしたり、粉状にしても使うことができます。常温で保存するようにして下さい。冷蔵すると熱を加える前に戻ってしまうのです。
 さらに体を温める効果を高めるには、たんぱく質を多く含む飲み物や食べ物に入れたりかけたりしてとることです。

酢しょうが


 しょうがを水洗いして、キッチンペーパーなどで拭いて水けをきります
皮をむかずに薄く切って瓶などに入れます。
 しょうががひたるほどの雄を注ぎます。冷蔵庫で一晩ほど寝かせます。

 冷え性の方は、上でも書いたとおり、熱を加えたしょうがを食べた方がよいので、水洗いしたしょうがをみじん切りにしてレンジで温めてから(600Wで4分)漬けましょう。また、酢と一緒にはちみつを加えるとまろやかになります。
 そのまま食べても、お湯や炭酸水で割っても、料理にかけたりと様々な食べ方があります。

しょうがを食べる際の注意すること


 しょうがは血糖値を上がりにくくしますから、低血糖になることもあります。ふらつきや震え、などが出てきたら、糖分を摂って安静にしてください。

 多くのしょうがを食べた場合、眠気が起こります。こうなると血を止める作用が弱くなります。
 血液を固まりにくくするワルファリンなどの薬を飲んでいる方は注意しましょう。

 妊婦している方・・・1日に1g以上のショウガを食べた場合、流産する可能性もあるようです。

  • 39度以上の体温がある

  • 1分間に90以上の脈拍がある

  • 皮膚、唇、口の中が異常に乾燥している


 これらの症状がある方は医師に相談するようにして下さい。

まとめ


 ショウガは様々な健康があり、いろいろな料理に使えます。適量を、できるだけ温めてから食べるようにすることで体が内部からぽかぽかになります。寒さがますこれからの季節に特におすすめです。 


コメント













管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。