" サンマの栄養と健康効果とは 健康で快適な毎日を

ホームスポンサー広告 ≫ サンマの栄養と健康効果とはホーム魚類 ≫ サンマの栄養と健康効果とは

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ


サンマの栄養と健康効果とは

 サンマがおいしい季節になってきました。手軽に安く手に入りますし、焼いて、しょうゆや大根おろしをかけてたべるとおいしいですね。
 サンマにはどのような栄養が含まれていて、健康に良いのでしょうか。
↓応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ

スポンサーリンク
 

サンマの健康効果


血栓を防ぐ


 サンマには、不飽和脂肪酸であるEPA(エイコペンタエン酸やDHA(ドコサヘキサエン酸)が含まれています。血液が固まりにくくします。血栓が詰まっておこる病気の心筋梗塞、動脈硬化、脳血管障害などを防ぐことができます。

悪玉コレステロールを減らす


 EPAが悪玉コレステロールを減らします。

脳の働きがよくなる


 DHAは頭を良くする栄養素として有名ですね。脳細胞に酸素がいきわたるようにし、脳の血管にも血液が流れやすくします。また、神経細胞の細胞膜を柔らかくします。アルツハイマーも予防します。

質がよく、吸収しやすいたんぱく質


 サンマに含まれるたんぱく質は、必須アミノ酸を多く含み、吸収もとても良いのです。
タンパク質は、筋肉や血液、内臓などを作るのに欠かせない栄養素です。良質なたんぱく質を摂ることはあらゆる病気から身を守ることにもなります。

目の疲れ


 スマホやパソコンなどIT機器の普及で目を酷使している現代人。目の疲れを和らげます。
夜盲症という鳥目とも呼ばれる目の病気があります。暗い所で視力が驚嘆に低下し、見えづらくなる疾患です。ビタミンAはこれを防ぎます。

骨を丈夫にする


 カルシウムは骨を作るのに欠かせない栄養素です。骨粗鬆症を予防しようという試みも盛んにおこなわれています。さんまには、カルシウムとともに、カルシウムの吸収を良くするビタミンDも含まれています。
  

貧血の予防


 鉄分には、ヘム鉄を非ヘム鉄があります。さんまが含んでいるのはヘム鉄です。非ヘム鉄よりも吸収がよいのです。
鉄分は、ビタミンCと一緒に取ることで吸収率が上がります。レモンなどの柑橘類や大根おろしと一緒に食べることは、魚の臭みを消しておいしくなるだけでなく、貧血にもとてもいいことなのです。

脂肪を燃焼する


 ビタミンB2が脂肪の燃焼を助けます。

肌を美しくする


 ビタミンAが皮膚や粘膜を丈夫にします。ビタミンB2、たんぱく質に含まれるセレンがターンオーバーを助けたり、細胞を再生します。ビタミンEが血流を良くし、活性酸素で体の細胞が老化することから守ります。

 鉄分がコラーゲンの合成を助け、シミを防ぎます。

サンマはワタも皮も食べた方がいい


 サンマのわたは苦くて食べられない、という人は多くいます。このワタや皮の中には、レチノールというビタミンAを含みます。.肌の水分を保ったり、新しい細胞を作ることを助けたりという働きがあるのです。

 このように肌にとって良い効果のあるサンマのわたなので、できるだけ食べるといいでしょう。大根おろしやかぼすを一緒に食べると、苦みを和らげったべることができます。

まとめ


 「サンマが出るとアンマが引っ込む」ということわざもあります。秋になり、サンマが出回り、それを食べると夏バテも解消する。それほどの高い栄養価が含まれていることの象徴でもあります。

 サンマはシンプルに焼くだけでもおいしいし、梅やしょうがと一緒に似たり、炊き込みご飯にしたりと色々な食べ方があります。おいしいサンマを食べて健康に役立ててみてはいかがでしょうか。




 


コメント













管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。