" チーズの健康効果、1日にどれくらい食べればよいのか 健康で快適な毎日を

ホームスポンサー広告 ≫ チーズの健康効果、1日にどれくらい食べればよいのかホーム ≫ チーズの健康効果、1日にどれくらい食べればよいのか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ


チーズの健康効果、1日にどれくらい食べればよいのか

 チーズはチェダー、モッツァレラ、カマンベール、ゴーダ、ブルーチーズなどたくさんの種類があります。そのまま食べても、ピザ、ラザニア、ドリア、チーズフォンデュ、チーズトーストなど熱を加えてとろりとしたり、焦げ目がついたチーズもおいしいです。また、チーズケーキや黄燐、アイスなどスイーツにも使われています。

 栄養価もとても高い食品です。でも、脂肪分が多く、太ってしまう・・・と敬遠している方も多いのではないでしょうか。確かに摂り過ぎはよくありませんが、適量を適量を食べれば、栄養を効果的にとり、吸収されます。また、お菓子の代わりにおやつに食べるのも、糖分やよくない油分を摂るのを避けられます。
 チーズにはどのような栄耀や健康効果があり、胃日日どのくらい食べればよいのか紹介します。








↓応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ

スポンサーリンク

チーズの健康効果


良質なたんぱく質を多く摂れる


 タンパク質は、筋肉、内臓、髪の毛などを作るのに欠かせない栄要素です。チーズは発行しています。このため、たんぱく質がアミノ酸分解されているので、吸収されやすいのです。また、人間が作ることのできない、必須アミノ酸も含まれています。

骨を丈夫にする、骨粗しょう症の予防


 チーズカルシウムをたくさん含んでいます。また、小魚の2倍の吸収率がありますし、100gのチーズが含んでいるカルシウムは牛乳6本分と同じです、

腸内環境を良くする


 チーズを作るには、乳酸菌が使われています。そのため、生きた乳酸菌がたくさん含まれているので、腸内の菌のバランスを整え、下痢や便秘を改善します。また、乳糖不耐症と言って牛乳を飲むと乳糖を分解できずにごろごろする人もいます。でもチーズは、乳糖が少ないので、このような人でも、消化、吸収できます。

 とくに、アオカビタイプ、ウォッシュタイプ(エポワス、リヴァロなど)、カマンベールテーズには、ビフィズス菌を増やす成分を多く含んでいます。

ガンを予防する


 チーズに含まれるたんぱく質、鉄分が結びつくことにより、リンパ球が活性化します。このリンパ球が、がん細胞が増えたり活動的になるのを抑えるのです。
 特に、ブルーチーズにこの効果があります。

二日酔いの予防


 メチオニンという必須アミノ酸がアルコールの分解を助けるので肝臓の負担が少なくできます。また、酵素や乳酸菌が消化を良くします。おつまみにチーズを食べますが、とても理に適っているのですね。効果高めるには、飲む前に食べて胃の粘膜を保護するようにしましょう。とくに、ナチュラルチーズのハードタイプの熟成したものです。

糖尿病予防


 血糖値の上がる速度をゆっくりにすることができます。血糖値を上げやすい、ごはんやパン、麺類など炭水化物と一緒に食べるといいのです。

風邪をひきににくする


 ビタミンAがのどや鼻の粘膜を保護し、丈夫にして、風邪のウィルスに対する抵抗力をつけます。

疲労回復


 チーズに豊富に含まれるビタミンB2が脂肪、糖質、たんぱく質を燃やしてエネルギーへと変える役割をしています。せっかく食べてもエネルギーにならなければ意味がありません。

太りにくい


 チーズは脂肪が多く、太りやすそうなイメージがありますね。でも、先ほど書きましたように、脂肪や糖質を燃やしてエネルギーにするビタミンB2が多く含まれています。皮下脂肪だけでなく、内臓脂肪も減らすことができます。

精神的に安定する


 イライラを抑えるカルシウムをたくさん含んでいますし、吸収もされやすいです。また、やる気を出すホルモンであるドーパミンを作り出すもとになる、チロシン、フェニルアラニンも含んでいます。必須アミノ酸のトリプトファンは心を明るくし、うつ病にも効果のあるセロトニンを作り出します。

肌の調子を良くする


 ビタミンAが粘膜を丈夫にしますし、乳酸菌によって腸内がきれいになることによって、肌も整います。

健康効果をあげる食べ方


 チーズに含まれていない栄養をふくむ商品と一緒に食べる食物繊維、炭水化物、ビタミンCは含んでいません。そのため、パンやごはん、めん、野菜、果物と一緒に食べましょう。こうすることで栄養バランスが取れます。
 

一日にどのくらい食べればいいのか


 1日のチーズの食べる量として適切なのはおよそ30~55gです。食べすぎには注意して下さい。

関連記事 発酵食品の効果、特徴とは

まとめ


 チーズは健康に良い食品です。種類も多いので様々なものを試して、お気に入りのチーズを見つけてみてはいかがでしょうか。





コメント













管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。