" 甘酒が健康や美容に良い理由とは 健康で快適な毎日を

ホームスポンサー広告 ≫ 甘酒が健康や美容に良い理由とはホーム飲み物 ≫ 甘酒が健康や美容に良い理由とは

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ


甘酒が健康や美容に良い理由とは

 甘酒は、飲む点滴ともいわれるほど栄養が多く含まれています。温めて飲むもの、というイメージが強かったのですが、最近になって、夏の暑い時期にも飲みやすい、冷たい甘酒がスーパーやコンビニなどでも手軽に手に入るようになってきました。最近は涼しくなってきましたが、夏の疲れが出てくるころでもあります。この秋バテにも効力を発揮するのが甘酒です。
 この甘酒が持つ健康に良い効果や飲み方のついて紹介しましょう。
↓応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ

スポンサーリンク

甘酒について


 米麹で作られるもの、酒粕で作られるものの2種類があります。

米麹タイプのもの


 蒸したお米に麹を加えて作っています。砂糖は加えておらず、お米の自然の甘さです。アルコール分は含まれていませんので、子供や妊婦さん、車を運転する方も飲むことができます。

 ビタミンB1、B2、B6や食物繊維、養蚕、オリゴ糖、食物繊維、グルダミン、システインなどのアミノ酸を含みます。

酒粕を使った甘酒


 日本酒を作る際に、出る固形物が酒粕です。これに糖分などを加えたものです。アルコール分が少し残っています。これは子供や妊婦、授乳中の方は飲めませんね。

 タンパク質、ビタミンB1,ビタミンB2,ビタミンB5,ビタインB6、不溶性食物繊維、アジスタントプロテインなどが含まれています。
 酒粕のみの健康効果として、アデノシンによる安眠効果があります。寝る1,2時間ほど前に、200ccの酒粕甘酒を飲みましょう。それから、レジスタントプロテインが小腸で油を吸収して便を柔らかくし、便を出やすくします。

 血糖値を抑える物質を含んでいますので糖尿病に予防にも効果的です。しかし、糖質は含んでいますので、摂り過ぎには注意です。糖尿病の方は、医師に相談して取るようにしましょう。

 100グラム当たり227Kcalと結構カロリーが高いのです。ですから、酒粕を摂るのは、1日に50グラムほどにします。
 また、米麹に比べて安く手に入りますし、粕漬けなどにも使えますので活用しましょう。

甘酒の健康効果


便秘を解消する


植物性乳酸菌が含まれています。胃酸に負けずに腸まで届いて効果を発揮します。オリゴ糖が大腸で善玉菌を増やして、腸内環境を良くしてくれます。

血圧を正常に保つ


 食生活の乱れ、ストレスなどにより、血液の中に含まれるアンジオテンシンIというホルモンががACEという酵素によってアンジオテンシンⅡに代わります。このことによって、血管が収縮し、血圧の上昇につながります。
米麹が含んでいるペプチドが血圧の収縮しにくくします。

新陳代謝を活発にする


 甘酒には代謝をよくする酵素が100種類以上と多く含まれています。脂肪を燃焼したり、体に不要な毒素、老廃物の排出を促進してくれます。

疲労回復効果


 ブドウ糖がエネルギーになりますし、ビタミンB群が糖質や死亡、たんぱく質をエネルギーに変える働きを助けます。ですから、食事の後に飲むのも効果的です。

ダイエットに


 ブドウ糖は脂肪より先に燃焼するので、体に蓄積しにくいです。また、満腹中枢が刺激されるので食べ過ぎを防ぐことにもつながります。また、αーエチルグルチルコシドという工事の酵素が作る物質があります。これには、体重を増やすのを防鵜働きがあります。ダイエットしたい方は、食前または、1食を甘酒に置き換えるなどをしてみましょう。

美肌効果


 活性酸素から肌を守ります。シミのもとになるメラニンの発生を抑える効果もあります。
パントテン酸はコラーゲンを作るのに必要なビタミンCがよく働くようにします。
肌の表面にある保湿成分を作るアミノ酸も豊富に含まれています。
肌に直接ぬっても効果があります。

美髪効果


髪を美しく保つために必要なビオチンが多く含まれています。

リラックス・ストレス解消


GABAという精神的に安定するための成分が含まれています。

甘酒のおいしい飲み方


甘酒には独特の風味があり、飲みづらいという方もいるかもしれません。私もそうでした。

・豆乳で割る
 まろやかになっておいしくなります

・ショウガをすりおろして入れる
 ショウガの辛みが甘酒の甘さを引き立てます。

・きなこ、ココアを混ぜる
 これらの香ばしさが甘酒とよく合います。

甘酒100gのカロリーは約60Kcalです。飲むのは、1日にコップ1杯200mlまでにしましょう。

まとめ


 甘酒は栄養満点で、健康にも美容にも様々な効果があります。まろやかでほんのり甘く、ホッとする味です。温めても冷やしてもおいしいです。しかし、カロリーが高く、糖質も高いので飲み過ぎは禁物です。この甘酒は、昔から伝わる先人の知恵といえますね。麹がブームになりましたが、一時的なブームで終わらすのではなく、続けて飲んで元気な毎日を過ごしましょう。


コメント













管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。