" チョコレートの健康に良い効果や栄養、どのくらい食べればいいのか 健康で快適な毎日を

ホームスポンサー広告 ≫ チョコレートの健康に良い効果や栄養、どのくらい食べればいいのかホーム ≫ チョコレートの健康に良い効果や栄養、どのくらい食べればいいのか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ


チョコレートの健康に良い効果や栄養、どのくらい食べればいいのか

 少し前までは、チョコレートは体に良くない、嗜好品のイメージが強かったものです。しかし、最近になって、72%、86%などカカオ分の多い様々な高カカオチョコレートが発売され、健康に良いと話題になっています。
 この高カカオチョコレートとはどのような成分を含み、健康効果があるのでしょうか。今回は、このことについて紹介します。
↓応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ

スポンサーリンク

チョコレートについて


 古代マヤの時代から、セオブロマカカオという木になるカカオビーンズをすりつぶしたものを強壮、強精剤として使われていました。現代では、すりつぶしたものに、カカオマスを加えて滑らかにして作られています。
 ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンE、カルシウム、鉄、マグネシウムなどミネラル類、亜鉛、食物繊維、カテキン、ポリフェノール、テオブロミンを豊富に含んでいます。

免疫力を上げる


 カカオポリフェノールが様々な病気の原因になる活性酸素の働きを抑えます。なおかつ、アレルギー物質に対しての過剰な反応は抑えられるので、アレルギーを防いだり、症状を和らげたりするのです。

コレステロールを下げる


ポリフェノールの働きです。コレステロールをを体の外に出します。

胃潰瘍、食中毒を予防する


 胃潰瘍など胃の病気の原因の一つであるピロリ菌、食中毒の原因の一つである潰瘍性大腸菌O-157が増殖するのを防ぎます。

虫歯を予防する


 カカオの成分に虫歯菌を抑えたり、歯垢をできないようにする働きもあります。

肌の調子を整える


 ポリフェノールの抗酸化作用が肌の老化を、殺菌作用がにきびを防ぎます。フラボノールが、紫外線に当たって肌にできた炎症を抑えます。

チョコレートの健康効果を高める食べ方


 まず、食べるチョコレートは、カカオ分が70%以上のものにしましょう。甘いものは砂糖が多く含まれているのでよくありません。
1日に食べる量は25gほどにします。
 普通のチョコレートより、カカオが多く含まれているので、脂質やカロリーは高いので、食べすぎないようにしましょう。

 テオブロミンやカフェインに敏感に反応してしまう人は注意が必要です。また、ぜんそくの薬テオフェリンなどの薬を服用している方は、医師に相談して下さい。

まとめ


 チョコレートは健康に良くないというイメージがありましたが、こんなに健康に良い成分が含まれていたなんて意外です。独特の苦みがあってそれがまたおいしいのです。適量を食べて心を落ち着かせたり、体の健康のために役立てていきましょう。







コメント













管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。